避妊薬で子宮を休ませ妊娠希望を叶える

低用量ピルの様な避妊薬は、毎日同じ時間帯に服用したり、服用の順番を守るなど正しい使い方をすることで高い避妊効果を発揮することが出来ますが、効果はそれだけではありません。
服用している間は脳が身体は妊娠したと勘違いし、身体に対し排卵の停止命令を出します。
排卵をしない子宮では卵子が子宮を傷めることが無く、ゆっくりと休ませ回復することが出来ます。
身体が疲れれば休息をとり体力を回復させてあげますが、これは子宮でも同じことが言えます。
実際、子宮内膜症などの治療にも低用量ピルの様な避妊薬が使用され、妊娠に希望をつなげています。
また避妊の効果を期待して避妊薬を使用している人も、妊娠を希望したら使用を中止すれば妊娠することが可能です。
避妊薬というと、どうしても避妊が目的になってしまう気になってしまいますが、子宮を休ませる効果もあります。
またストレスや生活の乱れなどによるホルモンバランスの乱れを改善することも出来、ホルモンの影響を受けやすい女性にとっては、実は強い味方でもあります。
ホルモンが乱れると肌トラブルや月経前症候群を引き起こすだけでなく、子宮系のトラブルも含め身体の変調を引き起こすこともあるので、侮ることが出来ません。
女性は初潮が始まってから、子宮を酷使していると言っても過言ではない状態です。
妊娠をしたら、生理が再開するまでは子宮の働きを休ませることが出来ますが、そうでないなら避妊薬を使って休ませてあげることも1つの方法です。
休ませたなら、もしかすると妊娠する力が戻るかもしれません。
避妊薬だけが妊娠力を取り戻す全てではありませんが、使用することで望んでいる妊娠が出来るのならば、良いのではないでしょうか。