避妊薬で少量の出血、黄体期との関係

避妊目的だけではなく、生理不順や月経トラブルの改善、PMS緩和や婦人病の治療など、様々な理由でピルを服用する人が増えています。
ピルにはそれに含有されるホルモン成分量から、高用量、中用量、低用量に分類されます。
高・中用量ピルが使われていたひと昔前は、避妊失敗後に飲むものであったり、副作用が大きいなどネガティブなイメージが強かったものですが、近年、低用量ピルが広く普及したことにより、避妊薬としてだけではなく様々な理由から低用量ピルを服用する女性が増加しています。
副作用が小さくなり安全と言われる低用量ピルですが、個人差はありますが副作用はあります。
多い症状としては、吐き気や頭痛などに加え、全身の気怠さや、時に少量の出血がみられることがあります。
なぜ不正出血が起こってしまうのか、そのためには、まず生理が起こる仕組みを理解する必要があります。
生理サイクルは、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期から成り立っています。
月経期はその名の通り生理が起こる期間です。
受精卵が着床せず妊娠しなかった場合に不要となった子宮内膜が経血として剥がれ落ちることで発生します。
卵胞期は次回の排卵に向けて卵胞が育つ時期です。
排卵期は育った卵子が卵胞から外に飛びだす時期です。
黄体期は排卵後から次の生理までの期間を指します。
通常、この4つのサイクルを28日前後で繰り返します。
低用量ピルには、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンが含有され、服用により血中のホルモン濃度が高まり、脳の視床下部が勘違いをすることから排卵を抑制します。
低用量ピルの服用で不正出血の症状が出るのは、ホルモン変化に体が慣れていない服用初期に多く、長期服用している場合はプロゲステロンの作用によるものだと考えられています。
いずれも心配しすぎることはありませんが、出血が長引く場合は婦人科で診てもらうことをおすすめします。