避妊薬は効き目がありますが血栓症等の副作用もある

中絶は女性にとって心身ともに負担を伴う行為です。
そこで、妊娠を望まないならば経口避妊薬を使用して下さい。
正しい服用でほぼ確実に妊娠を防げるほどの効き目があります。
日本で使用可能な経口避妊薬のうち最も一般的なものは低用量ピルです。
低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンを含んでいます。
この二つのホルモンの働きが卵胞の成熟を防ぎ排卵を抑制します。
加えて妊娠しにくい子宮環境を作り出し妊娠を防ぐのです。
ピルは生理の第一日目から毎日一回一錠を飲みます。
毎日飲み続けないと効果が無くなってしまいます。
もし、二日以上の飲み忘れがあった時はかかりつけの婦人科に相談して下さい。
一方、経口避妊薬の服用に副効果があります。
例えば、生理痛や月経不順の緩和、生理中の経血を減らし貧血を防止する等、女性特有の悩みに効果的です。
しかし、副作用もあります。
吐き気や頭痛、性器からの不正出血等が一般的な副作用です。
そして、中には血が固まりやすくなる人もいます。
これは血栓症を起こす可能性がある危険な症状です。
特に避妊薬を服用している女性が飛行機に乗った時は血栓症のリスクが高まるので注意して下さい。
血栓症の主な症状はふくらはぎの痛みや手や足がしびれ等です。
少しでも異変を感じたらすぐに病院へ行きましょう。
経口避妊薬は誰でも使用可能な薬ではありません。
中には使用できない人もいます。
例えば、持病がある人や現在闘病中である人、ヘビースモーカーである、血栓症のリスクが高い人です。
また、妊娠中や授乳中の人も避妊薬を使用できません。
妊娠を望まないならコンドームを使用して下さい。
経口避妊薬を服用したい場合は婦人科を受診し処方してもらいましょう。